献血の看護師の採用基準は?

看護師献血求人TOP >> FAQ >> 献血の看護師の採用基準は?

献血の看護師の採用基準は?

血液センターに勤務する為には、採血が出来ることが大事です。しかし、採血の技術だけでは無く、それと同時にアセスメントが出来る看護師は、重宝されます。血液センターが募集する看護師に共通して言えることは、健康な人を対象とする場合でも臨床経験がある看護師の方が採用されやすいことです。病棟勤務だと、未経験で入職しても病棟での看護を通して臨床経験が積めますが、血液センターでは、それがありません。街頭献血や献血ルームでの勤務でも、同じことが言えます。血液センターでの業務は、採血だけ行って終わりでは、ありません。

問診して体調が万全か確認し、採血中も痺れや副作用が無いか、終わった後も異常が無いか、献血者の様子を観察する必要があります。献血で起こる副作用に対し、的確に処置出来ることが必要だからです。献血で摂取する血液量は、200ml又は、400mlです。血液検査の採血とは、量が違います。応募条件に臨床経験があることと、はじめから記載している血液センターもあります。看護師は、病院だと未経験でも歓迎されますが、血液センターにおいては、臨床経験は必須と考えて良いです。

血液センターでは、マニュアルがあり新たに覚えることが出てきます。まず、血液成分分離装置の操作があります。データ入力は、パソコンで行います。献血施設での勤務経験がない場合、少なくても面接時には、学ぶ姿勢を見せることが大切です。又、前職を退職した理由、小さい子供の有無、通勤時間、希望の就業時間や日数、過去に勤務していた病院及び診療科も、面接官から質問として聞かれる可能性があります。

採血の手技や注意点について説明できる方が良いでしょう。業務内容としては、毎日採血を行うので、知識と技術は必須です。面接では、実践まで無くても、穿刺する血管名や隣接する神経名、筋肉名、万が一起こる可能性がある神経障害や献血における副作用、その対処法は、言えるように練習すると良いでしょう。

献血のしくみや日本赤十字社のことも調べて、血液事業の必要性が説明出来るようになると、良いです。血液センターは、日本赤十字社の管轄施設なので、日本赤十字社の理念に添っています。過去に献血やボランティア活動、献血施設での業務経験がある場合、それらを通して学んだ事や必要性を説明できると、説得力が増します。あとは、マナーや接遇スキルがあると、問題ないでしょう。

求人サイトに登録すると、担当コンサルタントが、面接におけるアドバイスをしてくれます。自分のことを客観的に見て、対策を立ててくれます。面接は、対人なので、一人で転職活動を行うより、おすすめです。

訪問入浴の看護師求人が豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
ナースフル 無料 首都圏・関西・東海・九州 ☆☆☆☆☆ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 首都圏・関西・東海・九州
  • オススメ度
  • ☆☆☆☆☆




Copyright (C) 2015-2017 看護師献血求人ガイド【※献血センターの採用情報など】 All Rights Reserved.