献血センターに勤務する看護師の求められる役割は?

看護師献血求人TOP >> FAQ >> 献血センターに勤務する看護師の求められる役割は?

献血センターに勤務する看護師の求められる役割は?

献血施設で働く看護師に求められる役割は、採血業務を無事に遂行することです。

献血施設に勤務する看護師は、今回献血を受けられる条件に達しなかった方に対して、健康指導を行うことも大切な役割です。献血希望者の1〜2割は、問診や事前検査後、条件に達していないので献血が出来ず、そのまま帰ることになります。低体重や貧血、高血圧の方には、正しい食事についてどのようにしたら良いか、次回は献血に参加してもらえるようアドバイスすることが大切です。

献血は、献血者本人の自由意志でありボランティアで成り立っています。現在、輸血は長期保存が出来ず足りていない状態なので、新規参加者を増やすこと、固定の参加者数を確保することが、輸血量を増やす上では必要なことです。献血ルームを綺麗に整備して、参加者に記念品をプレゼントしたり、キャンペーンを行っている施設もあります。

血液製剤や血漿分画製剤の大半は、高齢者の治療に使われています。東京都の年代別輸血状況調査(平成23年)によると、輸血を受ける方の85%は、50歳以上です。献血協力者の年齢は約76%が、50歳未満、その内の約25%が16歳〜29歳であり、若い方の協力が献血事業を支えています。現在、日本は少子高齢化が進行している中で、献血を行う若者の割合は、年々減少しています。血液は長期保存出来ない上に、一人あたり一年間で献血が出来る回数は限られています。

献血では、副作用が発生する可能性があります。軽微なものも含めると献血者の約1%に発生しています。初めて献血に参加する方や若者に多い副作用がVVR(血管迷走神経反射)です。原因は、参加者の緊張やストレスによるもので、症状としては気分不良、意識消失を引き起こします。献血前に水分補給を行うことで緩和出来るので、水分補給を促します。その他の副作用としては、内出血、クエン酸反応、神経障害などがあります。これらの副作用に対しては、予防に努め発生した際には、献血を中止し的確な処置を行う必要があります。

献血後は、献血者に水分補給(スポーツドリンクの摂取)と休憩を促し、@飲酒・喫煙について献血直後は避けること、A採血側の腕に強い力が掛からないようにすること、Bエレベーター、階段の使用は特に注意すること、C2時間以内の入浴と当日のサウナは避けること、D気分不良、失神は起立状態で発生しやすいので、電車で帰る際は転倒防止の為に線路の近くで待たないことを説明して、献血者の安全・健康保持に関与する役割もあります。

訪問入浴の看護師求人が豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
ナースフル 無料 首都圏・関西・東海・九州 ☆☆☆☆☆ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 首都圏・関西・東海・九州
  • オススメ度
  • ☆☆☆☆☆




Copyright (C) 2015-2017 看護師献血求人ガイド【※献血センターの採用情報など】 All Rights Reserved.