献血の看護師のやりがいは?

看護師献血求人TOP >> FAQ >> 献血の看護師のやりがいは?

献血の看護師のやりがいは?

輸血を行うことで人々の命を救うことが出来ます。血液事業の一環に携わることが出来るので、看護師としての使命感を持っている方には、やりがいは、あるでしょう。特に、病棟で輸血交換を経験したことがある場合、直接、輸血患者と立ち会います、輸血が必要な患者は、輸血が無いと生きることが出来ません。そのような臨床経験が有る看護師は、特に血液の尊さが分かるので、自分の仕事がどれだけ必要とされているか、気付くことでしょう。

看護師が活躍できる場所は、病院だけではありません。都合で夜勤が出来ない方、病院特有のプレッシャーが苦手な方には、献血施設で勤務するという方法があります。OLに転職することなく医療に携わりたい方は、看護師の資格を活かして勤務することが出来ます。又、献血関連の仕事は、業務内容が採血に特化されているので、それが得意な方は活躍できます。

地方の赤十字血液センターでは、そこで勤務する看護師が学会認定・自己血輸血看護師に認定された事例があります。自己血輸血とは、患者自身の血液を手術前に採血して使用するものです。自分の血液なので、他人の血液を使用する同種血輸血より、副作用の心配が無く安全です。方法としては希釈法、回収法、貯血法があります。自己血輸血看護師の業務は、採血時に起こる細菌汚染などを回避して、赤十字血液センターと同レベルの自己血輸血用の血液を採血することです。

受験資格は、「@2年以上の臨床経験がある正看護師A日本輸血・細胞治療学会あるいは、日本自己血輸血学会の会員であること、B自己血輸血業務経験が1年以上及び自己血輸血実施症例が30例以上あること、C施設が日本自己血輸血学会 貯血式自己血輸血実施指針を遵守していること、D施設に日本自己血輸血担当医師がいること」等が条件となっています。自己血輸血看護師に認定されると、自己血輸血についての知識や技術についての講演や指導の場で活躍することが出来ます。このように献血施設での勤務経験を活かしてスキルアップする事が出来ます。

仕事を選ぶにおいて、何を優先するかは人それぞれであり、譲れないことや適性を考えて選ぶことが大切です。仕事をする時間は一日の中で多くの時間を占めるので、充実感を持って長く勤務する為には、自分に合った仕事内容と職場を選ぶことです。豊富な求人から選ぶと選択肢が増えます。看護師求人サイトに登録すると、非公開求人が紹介され、その中には好条件のものが多いのでお勧めです。

訪問入浴の看護師求人が豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
ナースフル 無料 首都圏・関西・東海・九州 ☆☆☆☆☆ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 首都圏・関西・東海・九州
  • オススメ度
  • ☆☆☆☆☆




Copyright (C) 2015-2017 看護師献血求人ガイド【※献血センターの採用情報など】 All Rights Reserved.