献血の看護師の志望動機は?

看護師献血求人TOP >> FAQ >> 献血の看護師の志望動機は?

献血の看護師の志望動機は?

志望動機は、人それぞれですが、日勤のみで土日休みだからという理由が多いです。又、健康な方を対象としているので、病院に比べて精神的ストレスが少ないこともあるようです。

個人的な志望動機は様々ですが、面接でそれを正直に答えて採用されるかは、別の問題になってきます。面接では、志望動機として、「どうして血液センターに応募したのか」 「どうして他の病院では、ないのか」「採用されたらどのように働きたいのか」「あなたの看護観とは何か」「自己PRは」等、聞かれるでしょう。その時に、自分の看護経験を話せたり、どのように活かせることが出来るか、自分の言葉で説明出来ることが大切です。

赤十字血液センターは、日本赤十字社の管轄施設となります。日本赤十字社には、7つの基本原則があります。それは、「人道・公平・中立・独立・奉仕・単一・世界性」です。又、日本赤十字社には、血液事業の他に国内災害救護や国際事業、社会福祉等様々な事業を行っています。それらを理解し、日本赤十字社で使命を持って働くことが出来ることを、面接官に伝わるよう説明できると良いでしょう。

採用試験では、面接の他に各種適性検査の実施や、一般教養試験、作文を課題としている血液センターがあります。事前に確認しましょう。作文の題材は、面接で聞かれることと共通しています。分かりやすい文章で誤字脱字に注意し、時間内に書くことが出来るよう練習すると良いです。一般教養試験については、参考書を買ったり、新聞を読んで時事・常識問題を解く実力を付けましょう。

献血施設は、病院に比べると圧倒的に数は少ないです。離職率が高くて常時募集している血液センターもありますが、全国には7つのブロック血液センターと、各都道府県に一つずつある赤十字血液センターのみです。応募者数が募集人数より多ければ、採用基準に達していても不採用となる場合があります。他の応募者に差を付ける為にも対策を立てて、実力を付ける必要があります。

赤十字血液センターの管轄である日本赤十字社には、独特の方針があります。採用試験において、面接官は、どれだけ献血事業に貢献してくれるのか、赤十字血液センターに勤務する看護師としてふさわしいかを見ています。看護師求人サイトに登録すると、担当コンサルタントが採用試験についてアドバイスをしてくれます。傾向と対策が分かるので、事前に準備することが出来、採用率アップが望めます。又、他に志望者がいないか血液センターに聞いてくれます。事前準備が出来るのでお勧めです。

訪問入浴の看護師求人が豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
ナースフル 無料 首都圏・関西・東海・九州 ☆☆☆☆☆ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 首都圏・関西・東海・九州
  • オススメ度
  • ☆☆☆☆☆




Copyright (C) 2015-2017 看護師献血求人ガイド【※献血センターの採用情報など】 All Rights Reserved.